ノロウイルスの対策はしっかりとしよう【予防すれば感染しない】

女の人

最新記事一覧

厄介な病気の対抗策

レディー

感染性胃腸炎に発展する可能性が高いノロウイルスは、十一月から一月の間に流行することが多いウイルスです。症状として突発的な下痢や激しい嘔吐や吐き気を伴いますが、それ自体は二日以内で治まるようです。予防対策として、きちんと手洗いして、食べ物の加熱処理を徹底しましょう。

View Detail

冬場に流行する感染症

細菌

原因と症状

ノロウイルスとは年間を通して発症しますが、特に多くなるのが10月〜冬場にかけて多く発症する感染力の強いウイルス性の感染症です。感染力が強いので、特に体力の少ない子供や、高齢者には対策が必要となります。ノロウイルスの原因としてはノロウイルスに感染した二枚貝を調理した器具や感染者によるドアノブや嘔吐物などを処理するときに適切な処理を行わないと感染したりします。特に病院や老人施設、保育施設、飲食店など、人の集まるところや出入りの多い場所では人からや二次感染の恐れもあるため、万全の対策が求められています。また、ノロウイルスの症状は、突然の腹痛や発熱、嘔吐や下痢といったもので、後遺症はありませんが、ウイルスが体からなくなるまではとても辛い症状に襲われます。

特徴には

ノロウイルスの特徴にアルコールが効かないという点があります。ノロウイルスに効果的なのは、塩素です。市販されているものではハイターやブリーチなどがありますが、特にウイルスに効く強力なものは「次亜塩素酸」などがあるのでこういったもので対策をすると良いかもしれません。ノロウイルスは、感染力が強いだけではなく、少しの量でも発症し、繰り返し発症の危険があります。また、高温に強く、乾燥や酸、水の中でも強いという厄介な特徴が多々あります。その要点をふまえた上で対策をとらなければなりません。ノロウイルスの発症が見られると、大規模なものになりやすいというところも特徴の1つです。他人事とは思わずに外から帰ったら手洗い、うがいを心がけましょう。二次感染の恐れも伴うので、感染者の看病には十分気を付けながら看病しましょう。

冬場の流行に注意

男女

ノロウイルスの感染を予防するには、多くの人が訪れる場所に行かないようにして、手洗い対策を徹底しましょう。また、ノロウイルスを発症すると、下痢や嘔吐といった症状が起こります。抵抗力が弱い子どもや高齢者は、早めに医療機関に行きましょう。

View Detail

感染を防ぐために

腹痛

ノロウイルスに感染すると、嘔吐や下痢といった症状が出てきます。冬に二枚貝を生で食べることで感染しやすいので、冬には加熱して食べたり、調理器具を煮沸消毒したりといった予防対策が必要となります。吐しゃ物から感染することもあるので、次亜塩素酸ナトリウムやそれが含まれた塩素系漂白剤で消毒することも大事です。

View Detail