感染を防ぐために|ノロウイルスの対策はしっかりとしよう【予防すれば感染しない】

ノロウイルスの対策はしっかりとしよう【予防すれば感染しない】

ウーマン

感染を防ぐために

腹痛

加熱や煮沸消毒

ノロウイルスとは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。感染すると、1〜2日の潜伏期間後に、急激な嘔吐と下痢とを繰り返すようになります。また、これらにより体内の水分が多く出ていく上に、食事をとることが困難になるため、脱水症状を起こすこともあります。ノロウイルスには、冬になると感染しやすくなりますが、しっかりとした対策により、予防することが可能となっています。具体的には、ノロウイルスは牡蠣などの二枚貝についていることが多いので、冬場に食べる場合にはしっかりと加熱するのです。鍋物に使ったりフライにしたりすると、安全に食べることができるようになります。また、調理に使った道具にウイルスが付着することもあるので、調理後には煮沸消毒をすることも、有効な対策方法となります。

人からの感染

またノロウイルスは、二枚貝だけでなく人からも感染する可能性があります。たとえば感染して嘔吐したとして、それを家族が片づけた場合、吐しゃ物に含まれているノロウイルスによって家族が発症することもあるのです。また、吐しゃ物に直接触れなくても、飛沫感染をすることもあります。屋外で他人からウイルスをもらう可能性もあるため、冬場には十分な対策が必要となります。具体的には、次亜塩素酸ナトリウムの溶液を使って、様々な場所を消毒するのです。ノロウイルスは次亜塩素酸ナトリウムに触れると死滅するので、これを嘔吐や下痢によって汚れた衣服やトイレなどにスプレーすることは、予防対策として非常に効果的です。次亜塩素酸ナトリウムは、洗濯用などの塩素系漂白剤に含まれているので、多くの人がそれを薄めたものを消毒に活用しています。