冬場の流行に注意|ノロウイルスの対策はしっかりとしよう【予防すれば感染しない】

ノロウイルスの対策はしっかりとしよう【予防すれば感染しない】

ウーマン

冬場の流行に注意

男女

感染予防のポイント

ウイルス性の感染性胃腸炎は一年を通して発生していますが、毎年11月ごろから流行り出すのがノロウイルスです。ノロウイルスの特徴は人の腸管のみで増殖し、少量のウイルス(10〜100個)でも発症する事が上げられます。人から人への感染力が強力なため、人が多く集まる保育所や老人施設、宿泊施設など万全の対策と衛生管理が求められます。また二枚貝を生で食べる、などの食品からによる感染もあります。こういったウイルス性のものに対して有効な対策は手洗いです。特に調理をする前や食事の前、トイレ使用後などは石鹸を用いて丁寧に洗うようにしましょう。共用のタオルを使わずに、使い捨てのペーパータオルを使用した方が良いでしょう。食品を扱う場合には充分に食材を加熱し、生野菜はよく洗い流すようにします。調理器具もきちんと洗浄、消毒するようにしましょう。

感染を広げないために

ノロウイルスの潜伏期間は1日〜3日で、症状としては激しい嘔吐や下痢、腹痛が発生します。その多くは1日〜2日と短期間ですが特効薬はなく、抗生物質も効果はありません。症状が持続する期間が短いですが脱水症状にならないように出来る限り水分を補給することが大切です。また場合によっては点滴などの処置が必要になりますので様子を見て、特に乳幼児や高齢者など抵抗力が弱い方は早めに医療機関を受診する方が良いでしょう。また、感染者の嘔吐物や下痢便には大量のノロウイルスが含まれています。この対策として部屋内で嘔吐したときは、拭き取ったあとに塩素系消毒剤で消毒するようにします。嘔吐物や下痢便を処理するときには使い捨てのビニール手袋やマスクを着用するなど対策し、手すりやドアノブなどの消毒も忘れないようにしましょう。